Los Lobos

お電話でのご予約はこちら

  • お問い合わせ
  • facebook

03-6453-4780

ご予約はこちらから

BLOG ブログ

細毛さんに朗報!      知っておくべきあなたの大切な髪の毛のこと。

*髪が細くて弱い毛質の方
*元々は丈夫な髪だったけど

年齢とともにハリコシやツヤが無くなり、
弱くなってしまった毛質の方

へお伝えすべきことがあります!!

【細毛さんの弱み3つと
それに対するロスロボス式回答】

1.ダメージしやすい

細毛さんは
ツヤのある髪質の方も多いので、
一見丈夫そうにみえるのですが、
元々髪自体の成分である

「タンパク質量が少ない」

ため少しでも減らしてしまうと、
すぐに元気が無くなってしまいます。
(例えて言うならアンパンマンの
顔の中のアンがちょっとしか
入ってない感じです笑)

なので細毛さんのケアとして、

【紫外線のケア
→アスタキサンチン(紫外線予防効果)
などの成分入りのオイルなどを使う。


【日頃のシャンプーなどのケア
→お湯の温度は38度。
お風呂上がりはしっかり乾かす。

湯船に入るときは
毛先をつけないようにする。

【冷暖房による乾燥、摩擦の予防】
→なるべくスタイリング剤をつける
などして、常に水分や油分を
失わないようにする。
→ストールやマフラーを巻くときは、
毛先を巻き込まないようにする。


【シャンプー剤と洗い方】
→シャンプー剤は洗浄成分が弱いもの
補修成分が多いものを選ぶ
→シャンプーは毛先から泡だてた後
頭皮を泡だて、指の腹で押すように
シャンプーする

などなど日頃から気を付けなければ
いけないことは、小さいものから
大きなものまでたくさんあるんですね…

2.薬剤による浸透がはやく、もろい

カラー剤、パーマ剤、縮毛矯正剤など
いろんな種類の薬剤があるのですが、
細毛さんには本当に注意を払って
薬剤選定をしなければ、
大変なことになってしまいます。

細毛さんは大きく2つに分けて、直毛の方とくせ毛の方がいます。

基本的に直毛の方は、キューティクルが整っていてツヤがあり、反対に細毛の方は、ねじれたりうねったりしているので、キューティクルが整っていないのでツヤがないんです。

薬剤を設定するにあたり、この「キューティクル」がダメージを大きく左右させます。

例えて言うとキューティクルは

【扉(トビラ)】

ツヤがあり整っている髪(直毛)は
トビラが頑丈で、逆にツヤがなく
ねじれてる髪(くせ毛)はトビラが弱く開きやすくなっています。

キューティクルの内部にカラー剤や
パーマ剤を入れて、作用させなければ
髪は変化しないので、どれくらいの力を使ってトビラを
開くかが重要な鍵になっているわけです。

ただ、今回の主役は細毛さん。

髪の内部にあるタンパク質量は少なく
ダメージしやすいことは変わらないので、トビラを開いたあとに
薬剤の強さと置く時間なども慎重に考えて行くことになります。


[一例]
強い薬をつかい短時間で急いで
トビラを開けて、短時間で結合を切る
(強い薬×短時間×短時間切断)

3.タンパク変性がおきやすい

ドライヤー、コテ、アイロン、縮毛矯正
などの高熱の作用によりタンパク質で
できている髪の毛の内部はある一定温度を超えると凝固し、
硬い質感に変わってしまう
んです。

毎日コテを使ってたり、ダメージが
大きい毛先に過剰にドライヤーを
当ててしまわないように気を付けていきましょう。

もちろんぼくたち美容師が
縮毛矯正をする場合のアイロン操作
も髪の水分量や髪質、温度設定など
最大限にタンパク変性を起きないような
努力をさせていただきます!!

【まとめ】

細毛さんや加齢により、
弱くなってしまった髪質の方々は

①ダメージしやすい
②薬剤による浸透がはやく、もろい
③タンパク変性がおきやすい


という特徴があります。

その特徴とどのように向き合い、
美髪づくりに励んで行くか

肝になります。

一緒にがんばっていきましょうね^_^

ロスロボスのイタルがお届けしました☆

Category
Archives